武高37オレンジーズの取材記録

 
訪問先 デザイン ラボ チカ (株)ダイエイ
住所

〒916-0273

丹生郡越前町小曽原54-43-11

 

〒915‐0863

越前市大塩町2‐8‐5

skycrest・oushio 一号棟305

〒916-0064

鯖江市下司町19-21-12

〒916-0085

鯖江市大倉町6-18-1

電話 090-8362-4045(IP) 090-9077-5897 080-3964-5034 0778-62-1005 (080-1966-4927)
面談者 代表 デザイナー 辻 麻美 児玉 直也(32歳) 斉藤 昌一朗(31歳)  青山 昌暁(24歳)

移住された理由

(出身地、卒業最終学校、前職業、現在の仕事・職業に就いたキッカケ等

広島県福山市出身、大学卒業後、インドへ旅行をされた際、インドの暮らしに興味を持たれました。ご主人(福井市清水町出身)とは恋愛で2008年ご主人の実家に来られ、2010年結婚、長女の3名で2017年より、越前町小曽原で民家を購入して生活。インドとの愛着が深く、インドの織物の販売(製造はインド)をされて居られます。お店は土曜日のみ営業です。

 

宮崎県出身。妻が福井県出身で子育てするに当たり、親や妹に頼れる福井の方が安心できるので、移住を希望しました。

宮崎では自動車整備士として5年半、産廃の収集運搬の仕事を約3年しました。福井の生活に慣れる為に、経験を生かした仕事をしたいと思い、現在の会社に2019年9月に入りました。

福井出身。地元の高校・専門学校を卒業後、福岡県で就職し、6年間務める。

待機児童が少ないなど、子育て支援が充実し環境に優しい事などから、Uターンして現在の会社に2018年4月  に入社する。

 

 

 

福井出身。東京の専門学校卒業後、県外の会社に3年ほど勤務。京都で運転手を1年やっていたが、コロナ過の影響もありUターンして、現在の会社に2020年8月年に入社。ゴミ収集の業務に携わっている。

 

現在の生活状況等

インドでつくるオリジナルデザインの布・洋服・インテリア雑貨のネット・卸売・小売販売で生計を立てて居られ、漸く

生活が出来る様になりました。

 

 

福井に移住して半年で、コロナ過となりまだ一度も宮崎に帰っていません。又、都合により、現在は一人暮らしの生活となり、週末は県内をバイクで回ったりして一人の時間を楽しんでいます。

 

他県に比べて子供の教育が手厚く、レベルも高いので満足している。

 

 

 

 

実家暮らしをしている。

 

 

 

 

 

今後も定住したいか

定住したい

 

 

 

 

環境や雰囲気が宮崎と似ているのと、宮崎では経験できない雪景色、雪かきなどを味わう楽しみもあります。又、子供とも月一回は会えて川遊びなどをしています。子供も近くにいて、遊べるのでここに定住したいと思っています。

今後も定住したいと考えています

 

 

 

 

しばらくは福井に住みたいと思っている。

 

 

 

地域への期待

ご近所の方々とのコミュニケーションも出来ましたが、お客様が来られるのに不便で交通インフラを願います。

米(コシヒカリ)は大変美味しいです

特別なし

 

 

 

 

すでに満足しているので、特にありません

 

 

 

新幹線が開通し、コロナが落ち着いたら観光客が来てくれたら、町の活性化にもなり賑わいが出て来ると思う。

 

その他

(やってみたい事、

活動内容等)

静かな環境が魅力で、暮らしを楽しみたいです

 

 

 

県内各地へのバイクツーリング

祭りやイベントなどの行事に参加して楽しみた

 

 

特になし

 

 

 

 

メールアドレス design.labo.chica@gmail.com
ホームぺージURL https://www.design-labo-chica.com/
 
訪問先 サカエS.C株式会社 大久保利裕、ナオミ  (株)野崎工務店
住所 越前市千福町341-2 南越前町脇本14-29

〒919-0131

南越前町今庄81‐16‐1

〒916-0273 越前町小曽原120-3-20
電話 0778-42-5607         080-1962-9821 0778-47-2523      090-9448-8659 080-8992-2620 080-6362-3735
面談者 佐々木 大輝 (37歳) 大久保利裕、ナオミ 増田 博士

南 和孝(50)

南 ゆかり(47)

移住された理由

(出身地、卒業最終学校、前職業、現在の仕事・職業に就いたキッカケ等

出身地は福井県。

福井大学大学院(博士前期課程)を卒業後、日本原子力発電㈱開発計画室に10年間勤務。家業が自営業を営み、その後継ぎをきっかけに前職を退職。子供が産まれたことや経営に興味があったことから跡継ぎとなることを決意。

 

 

 

 

 

大久保利裕さんは鯖江市出身、名古屋芸術大卒、名古屋で高校の音楽先生やオーケストラのぷろでゅーす等をやっていた。

奥様のナオミさんは名古屋出身で5歳からヴァイオリンを習い、ヴァイオリン二ストとして活躍。定年になり父親の面倒を見る事となり、故郷に戻る。

 

香川県出身。 高松市立城内中学校卒。前の職業は機械工でした。その後、各地の原子力発電所で働き美浜発電所で、今の会社の人と仕事をすることになった。色々話を聞き、働きたいと思い前の会社を辞めて野崎工務店に入社。移住することになった。

 

 

出身は鯖江市

武生高校、同志社大卒業

旧宮崎村が子供の頃から好きで結婚・出産を機に、子育ての地としていじゅうした。

当時、村営住宅に10年居住語、新築して今に至る。

奥様は北九州市小倉出身

現在の生活状況等

前職では残業で22時に退社することが当たり前の生活だったが、今では遅くとも19時には帰宅しており、ワークライフバランスは取れている。東京では電車通勤だったため、呑み屋に行ってから帰宅することもおおかったが、車社会の福井県ではまっすぐ帰宅することが多く、良し悪し両方がある。

 

奥様がヴァイオリン二ストとして県内各地でライブ、コンサート等演奏活動を行い、旦那さんは奥様のサポート役として交渉、司会、HCを担当している。

 

野崎工務店の寮で外国人研修生と一緒に生活し、寮長をやっている。

 

 

だいこん舎という手打ち蕎麦店を営む・

子供3人(中学性1人・大学生2人)

 

今後も定住したいか

子供を育てる環境はこちらの方

が良いと考えるため、子供がいるうちは福井に定住したいと考えている。子供が親の手を離れたら正直、定住するかどうかは悩ましい。東京には東京の、福井には福井の良さがあるためである。もしかしたら東京に戻る可能性はあるかもしれない。

定住する。

奥様は都会と違って、静かで自然環境も良く今の場所で満足している。特にお米や魚類など食べ物がおいしい。

 

今後も福井県に定住したいと思っている。

 

 

 

 

定住します

 

 

 

 

地域への期待

Uターンであっても家業の後継者である場合、UIJターンの補助金等は一切貰えない。これは他の県も同様かもしれないが、後継者不足が問題になっている今日において、福井県が率先して出すようにすれば少しは後継者不足も解消されるかもしれない。また、福井県において車は生活する上で絶対必要なものであり、UIJターンの方々で免許を持っていない方は必ず取りにいかなければならない。この費用を助成する等を福井県が他の県よりも率先して行えばUIJターン希望者も少しは増えるのではないかと思われる。

 

音楽関係がメインの活動なので芸術家を理解、応援してくれるメンバーが少ない。肩書があると注目されるが、アマチュアではなかなかめとめられない。

 

 

 

 

 

特になし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空き家が多いけど住める物件がすくなので、行政と協力しながら住める空き家づくりを進めていってほしい

 

 

 

 

 

 

その他

(やってみたい事、

活動内容等)

音楽家独特の良さを活かして地域との交流を深め演奏会(ミニコンサートなどIを定期的に行っていきたい。

 

特になし

 

 

 

 

現在進行形として、越前町で、オリーブで町おこしを進めている。空き家活用、移住促進なども仲間達と活動している。
メールアドレス
ホームぺージURL

 

訪問先 越前町福井総合植物園 橋本 義雄

株式会社 La・Kura

(ラ・クラ)

住所 越前町血ケ平27-1-2            越前岬水仙ランド 南越前町社谷21-47 越前市粟田部町40-2
電話 0778-37-2501 0778-45-0411

0778-43-5297

090-1695-4165

面談者 早坂 英介(48才)学芸員

橋本 義雄

(屋号 與五郎)(78歳)

代表取締役 杉谷 昌保(48才)

宮城県大崎市(旧古川市)出身

東北大学理学部 植物分類学科卒業

越前町役場商工観光課所属

日本大学理工学部卒業

東京都庁5年勤務後、駒井鉄工所に入社大阪、東京、仙台などで30年勤務

旧今立町生れ、県立武生高校卒業(平成4年卒業)、国立京都工芸繊維大学造形工学科卒業後、日産自動車へ入社し、車種のデザイン開発業務に従事。2021年6月8日福井県「移住サポータ」に委嘱
移住された理由等 越前町にある越前町立福井総合植物園プラントピアで研究員を募集していたのでそれに応募したのがキッカケで、2010年4月に赴任する 東日本大震災に遭遇し、平成21年3月に故郷に戻る。実家は空き家だったが、娘さんの旦那が掃除等含め、管理されていたのでスムーズに家に入る事が出来た 5年ほど前に古里への思いが強くなり、その上、年を取った両親のことが心配になってきて独立開業を決意し、20年3月に退職した。
現在の生活等

越前海岸及びその周辺の山地に見られる植物を探し、写真や解説で展示・紹介をしている

夏休みに子供の宿題として植物の指導や講師も行っている

大学のサークルとしてやっていた楽器「リコーダ」を仲間と合奏団を結成し、コンサート(来年1月9日開催予定)を行い、普及に努めている

 

 

奥さんと二人で農作業に従事。

300坪の敷地で大根、キュウリ、すいかなど畑のハウス栽培に取り組み、何か所かの店舗で販売をしている。又、400坪の敷地では、精度の高い九条ネギを仲間と栽培し、県下全般に出荷・販売出来る準備を進めている。

 

 

 

白壁に黒い板張り、太い梁が目を引く明治期の実家の蔵を改装し、4月にデザイン事務所「la・kura(ラ・クラ)」が完成。地元には和紙や打刃物、漆器や箪笥、越前焼と伝統工芸が盛んなだけでなく、工芸製品も多彩有る。この様なものづくり企業との連携や学校の子供達との体験教室等を通じて、デザインや開発のサポートをしたり、セミナーを企画して普及活動に取り組んでいる。

妻と二人の子供(大学生、高校生)は学校の事もあり、住み慣れた神奈川県に残しての帰郷

永住について 目的達成後には故郷に帰る予定 永住する 永住する
今後への期待

各地域から研究分野や産業界で活躍する専門分野のスペシャリストが一堂に集まり、地域の活性・発展に繋がる活動拠点を作ってほしい

 

過去、県外各地の現場で仕事を経験して来た者が田舎に戻って農業一筋の道を精力的に取り組んでいる姿は、今後Uターン組のモデルになるのでないか。

 

自らデザインし、半年かけて改装した蔵には、事務所のほか3Dプリンターやレーザーカッターを備えたラボ、2階には多目的ルームを設けた。アイデアや意見を交わし、商談ができるこの建物を活かし、商品開発等のプロジェクト(三つの事業)を進めたい。
その他(今後行ってみたい事 越前岬一帯に生息する植物(約1,000種類ほどある。その内8割は調査済だが)を一堂に集めた図鑑を発刊 早く若手のスタッフを採用し、一緒に取り組んでくれる人材を募集している(仁愛大学、福井工業大学、福井情報学院専門学校等)
ホームぺージ https://www.echizenkk.jp https://la-kura.co.jp/
e-mail ehayasaka@mail.goo.ne.jp masayasu-sugitani@la-kura.co.jp

 

 

訪問先 ザクロの宿 PIZZEREIA ROSSO 実 生 窯
住所 鯖江市上川内町25-3 南越前町長沢19-59 丹生郡越前町平等14-3
お店の外観
電話

電話 0778-42-7523

携帯 090-6786-3988

電話 0778-67-4833

携帯 090-6060-3511

①柑本 修 氏(52才)

弟~ザクロの宿経営

② 柑本 浩 氏(55才)

長男~福井県セルプ振興  センター勤務

主人 松本 克也(59才)

奥様 松本 真澄(61才)

上記住所でお店を夫婦で経営

 

新藤 聡子 氏(44才)

 

 

 

移住された理由等

福島県での大震災に遭い、10年前に移住。兄の娘さんが鯖江の体操を学んでいたのがきっかけ

 

亀岡市駅前でケーキ屋を25年経営されていた。一人娘が南越前町のお寺に嫁いだので、移住を計画し、2018年12月にピザ専門店をオープン

 

埼玉県で生まれ、文化女子大学デザイン科を卒業後、福井県窯業指導所で勉強をされ、新藤 聡子 氏(44才)25歳で実正窯を創業される

 

現在の生活等 兄さんは家族で住まい、福井県セルプ振興センターに勤務。弟さんは当地区で宿と農業を営む。周囲の方々から親切にしていただいている。宿は外国人が100名位宿泊されてる 週4日の営業を行い、休みは孫達との団欒を過ごしている。地域との関係は此れからだが、近くの2家族との付き合いは有る。地域は自然で野菜が美味しい。地元の風習等は知らない。 人と寄り添う商品を創り、SNS等での販促をされ、生きていく中での生活をして行く事を考えている。
永住について 兄弟とも永住したい 永住したい 永住したい

今後への

期待

1.昔の魅力の発信

2.地域のブランドづくり

1.商売と地域との関わり合いを深めたい

2.ピザづくり教室を行いたい

1.人と寄り添う商品創り

2.自然が好きなので、ここで住む

その他 田舎暮らし体験を望む お店探しに2年間位かかったが、開店迄の順には仲間が手伝ってくれた 年5回の窯たきを行い、毎月陶芸教室開催
ホームぺージ PIZZERIA ROSSO (amebaownd.com) http://mishougama.theblog.me
e-mail kouji210@outlook.jp mishougama@gmail.com

 

訪問先 クラウドブレイン 矢良巣屋(やらすや)
住所 越前市京町1-1-9 越前市下別所町34-9
お店の外観
電話 携帯 080−3858−8835 090-2122-0022
古来 俊光(46才)  三好 雅智(39才)
移住された理由等 神戸市で住み、神戸学院大学卒業後、富士通で営業職を4年経験し、その後独立し、自動車のカラーラッピング業務をされ、越前市へ度々仕事で来られており、偶々整髪を現在の奥様の美容室で、則、結婚されて越前市に住み、現在はクラウドブレインでGoogleマップ検索、SNS運用支援等の業務をされておられる

30歳の頃から農業に関心が有り、現住所に移住後、農水省の農業実習生で3年間勉強して、無農薬の農業に従事している

 

 

 

現在の生活等 御夫妻と赤ちゃん(8ヶ月)で生活、最近、神戸より両親を越前市に向かい入れておられる。 夫婦と子供2名で生活、農業の方わら、上記の住所にて令和3年5月より宿泊業を開業。仲間に池田さん家族も移住される
永住したいか 永住したい 永住したい
今後への期待

1.地域起こしをしたい

2.仕事の上で観光協会との連携に期待

1.都会の方に癒しの場を提供したい

2.無農薬の米を増産したい

その他 移住にあたり越前市エコビレッジ交流センター野村みゆきさんからのお勧め、サポートに感謝してる
ホームぺージ
e-mail cloudbrain@gmail.com yarasuyard@gmail.com