令和4年4月

あいさつ

皆様方におかれましては、ご健勝で毎日をお過ごしのことと心よりお喜び申し上げます。
郷土愛に満ちた皆様方のご協力によりまして、私達 一般社団法人 武高37オレンジーズの社会貢献活動、SDGs11番目の住み続けられるまちづくり活動も、 設立以降大きく前進することが出来ました。

福井県丹南地区(越前市、鯖江市、南越前町、越前町)の活性化を図るべくUIJターン促進につきましては、100名近くの移住された方に対するインタビューを実施致しました。
移住の動機や地域選別のポイント、移住後の思い等をお聞かせ頂きました。現在、当地区への移住をお考えの方々にお役に立つ事例集を発行致しております。
このインタビューの際にご意見の多かった「空家の紹介」につきましては、地域ごとに空家調査を進めており、その情報を役立てられる方も出て参りました。
移住された方々の生活基盤の強化のお手伝いにつきましては、地域企業等のご協力により情報の提供をしていただいている所でございます。
また縁結び活動につきましても、具体的に前向きな効果を出す様になってきており大変喜んでいる所でございます。
この様に、活動の3本の柱が皆様方のご協力により大きく前進している所でございます。皆様方には、心から御礼申し上げますとともに、今後一層のご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

一般社団法人 武高37オレンジーズ
会 長 加藤 信孝




★ 武高37オレンジーズ誕生の背景

 ① 平成29年
    武生高校昭和37年卒業後、55年目の同期会開催後、有志の中から2年後
   に後期高齢者に仲間入りするのだから、今迄の経験やノウハウを活かして地域
   貢献出来ないかとの話が出始めました。
   数名での会合が重ねられ、平成27年国連で開催された国際社会共通の目標
   「SDGS」にチャレンジしようとの意見集約となりました。

  ② 平成30年以降
   ア.会の名称、代表、事務局等の検討           
   イ.「SDGS」の勉強会の開催    
   ウ.17の目標の何にチャレンジするのか
   エ.同期会の強みは何か  
   オ.具体的な活動内容検討
   カ.ネットワークでの活動内容等の検討
   キ.活動資金の検討 等々を行って来ました。
 

★ 武高37オレンジーズの強み

 ① あらゆる分野で体験や経験を積んで、多彩な人脈を持っているメンバーです。未だ、現役で活躍さされている多数のメンバーもおります。
 ②   今迄も北は札幌、南は熊本に住んで居られるネットワークの活用を行って来ております。
 ③  会員(準会員含む)は今迄の蓄積や人脈からの個々の信頼出来る情報を持っており、その情報を入力することで、諸活動に於ける情報は確実性が有ります。IT活用での活動は他の情報会社の遣り取りとは違います。