令和3年9月

武高37オレンジーズ 一般社団法人化のごあいさつ

 郷土愛にあふれる皆さま、お元気でお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 武高37オレンジーズのSDGs11番目の「住み続けられるまちづくり」の活動に日頃大変こ協力頂き、厚くお礼申し上げます。

 さて今般、私達の活動のさらなる飛躍を目指して、一般社団法人化を計り、「一般社団法人 武高37オレンジーズ」として運営することに致しました。

 これにより、今まで以上に社会的に認知をして頂く事になり、同時に私達の活動の責任も一段と大きくなります。 しっかりと取り組んでいく所存であります。

 今後は、一層、福井県丹南地区(越前市、鯖江市、南越前町、越前町)活性化の為に、UIJターン希望者へ情報提供、結婚相手の紹介等に力を入れていきたいと考えております。

 是非ともこの活動をご理解いただき、郷土の発展にご協力くださる様、心よりお願い申し上げますとともに、この活動を通して、友達を作り、楽しい人生の一助となれば、幸いです。

                        一般社団法人 武高37オレンジーズ

          会 長     加 藤  信 孝

                                                 

★ 武高37オレンジーズ誕生の背景

 ① 平成29年
    武生高校昭和37年卒業後、55年目の同期会開催後、有志の中から2年後
   に後期高齢者に仲間入りするのだから、今迄の経験やノウハウを活かして地域
   貢献出来ないかとの話が出始めました。
   数名での会合が重ねられ、平成27年国連で開催された国際社会共通の目標
   「SDGS」にチャレンジしようとの意見集約となりました。

  ② 平成30年以降
   ア.会の名称、代表、事務局等の検討           
   イ.「SDGS」の勉強会の開催    
   ウ.17の目標の何にチャレンジするのか
   エ.同期会の強みは何か  
   オ.具体的な活動内容検討
   カ.ネットワークでの活動内容等の検討
   キ.活動資金の検討 等々を行って来ました。
 

★ 武高37オレンジーズの強み

 ① あらゆる分野で体験や経験を積んで、多彩な人脈を持っているメンバーです。未だ、現役で活躍さされている多数のメンバーもおります。
 ②   今迄も北は札幌、南は熊本に住んで居られるネットワークの活用を行って来ております。
 ③  会員(準会員含む)は今迄の蓄積や人脈からの個々の信頼出来る情報を持っており、その情報を入力することで、諸活動に於ける情報は確実性が有ります。IT活用での活動は他の情報会社の遣り取りとは違います。

 

後期高齢者ですが、まだまだ頑張れます!!