令和5年4月

ごあいさつ

「故郷は良きかな 住めば心が生きかえる」

 皆様方におかれましては、ご健勝で毎日をお過ごしのことと心よりお喜び申し上げます。私達 一般社団法人 武高37オレンジーズは社会貢献活動、SDGs11番目の「住み続けられるまちづくり」活動の一環として、福井県広域地区(越前市、鯖江市、南越前町、越前町)に於いてUIJターンの促進活動を進めております。私どもメンバー一同にとりまして、故郷に戻って来られた方や新たに此方に移住された方々から「移住して良かったね」と言って下さる多くの声を励みに活動をしてまいりました。

 今日迄、UIJターンを促進する環境づくりを中心に地元企業や地場産業界は受け入れ体制の整備、地元の方々には移住を希望される方に沿った「環境」づくりをテーマに活動をしてまいりました。

今般、これらを一歩進めて具体的な求人、就職支援活動の推進を行う事と致しました。

厚生労働省の「募集情報等提供事業者」となり、「事業紹介事業者」と連携し、地元企業様からはキャリアアップを基本とした求人内容の提案を受け、UIJターンを希望される方には希望就業内容を提示していただき、双方のご希望に沿った求人就職活動の推進を図る事と致しました。

これにより、今迄以上に具体的に移住を前に進めていただけるものと確信しております。

 どうか、私共のこのシステムをご利用いただき、幸福度日本一の福井県、美味しいもの日本一の広域地区に移住をされる方々を心からお待ちしております。

「コウノトリが舞う 豊かな広域地区で幸せな家庭を!!」

一般社団法人 武高37オレンジーズ
代表理事 加藤 信孝

武高37オレンジーズ誕生の背景

武生高校昭和37年卒業後、55年目の同期会開催後、有志の中から2年後に後期高齢者に仲間入りするのだから、今迄の経験やノウハウを活かして地域貢献出来ないかとの話が出始めました。
数名での会合が重ねられ、平成27年国連で開催された国際社会共通の目標「SDGS」にチャレンジしようとの意見集約となりました。